価値ある失敗体験談を紹介 FXは難しい?

価値ある失敗体験談を紹介 FXは難しい?

FXでの失敗体験談を紹介します。
私はデイトレードを主体としていますが、一般的にはこうした短期のトレードは難しいといわれています。
その一因が”短期間の為替レートの動きを読めない”ことから来るものは確かでしょう。

 

失敗体験1 ニュースでトレードをしてしまう
スイスの銀行の不正が発覚したのでスイスフランを売ることにしたのですが、見事に逆行してしまい損切り。他にもフランスがドル建てからユーロ建てにすると発表してユーロ買いするも急激にユーロが下がり大損。

 

失敗体験2 要人発言でトレードをしてしまう
日本の財務省大臣の発言からポジションを取るも見事に逆行して損切り。中央銀行総裁発言を信用しすぎてしまう。

 

失敗体験3 経済指標で一発を狙ってしまう
大きな値動きをする指標の動きでヤマをはってしまいやはり大きく損をしてしまう。

 

よくあることですが、要人が「円安に向かう」と言ったところで、明日今週今月に円安に向かうと決まっているわけではないのです。長期の見通しとしては間違っていなくともデイトレーダーからすれば負けやすい情報になってしまうのです。ニュース情報をうのみにしてしまうことも失敗しやすいパターン。大きく動きやすい経済指標の動きも予測するのが難しく流れから逆行していくこともザラなので扱いづらいもの。

 

デイトレーダーが信頼すべきはテクニカル分析です。ただし、よく言われるような「線のクロス」ではあまり勝てないといえるでしょう。大勢としての相場予測(日足や月足での流れ)があったうえで、移動平均線や一目均衡表などを使いながら見ていくといいと思います。

 

そして大事なのが時間。良く動きやすい時間帯に順張り(流れに沿ったトレード)をしていくのが妥当ですが、これもまた途中で反発することがあります。あまり直進しない日というものがあるので、勢いのない日は早目に決済をしてしまうなどをしていくと利益を出しやすいでしょう。経済指標での反撃にも要注意です。