投資って怖いの?

投資って怖いの? 

投資、といわれて殆どの人が真っ先に思い浮かべるのは
「株」次に「投資信託」その次あたりで「FX] 少し掘り下げて「先物投資」
ではないかと思います。

 

そして、都市伝説の様に流れるうわさ。
「地道にコツコツやってれば良かったのに、株に手を出して借金地獄」
「銀行員に薦められるままに投資信託を購入したら、買った直後に価値が半減」
「FXを始めて貯金全部無くなった」
「先物取引で失敗して借金が出来た」
などなど。

 

失敗談を出したら枚挙に暇がありません。
実際問題として、リスクコントロールが出来ないと
このような失敗をし、実際に貯金が借金に早変わり
そんな事もあるかと思います。

 

しかし、正しく理解してきちんとリスクコントロールさえできれば
投資はしっかりと利益を生み出してくれるのです。

 

この記事がその手助けになればと思い投稿いたします。

 

まず、多くの人が失敗している最大の理由について説明しますと
9割以上の確立で

 

「レバレッジ投資」

 

これが原因だといえます。
資金には当然ですが限りがあります。
手元にある資金だけでは二束三文の稼ぎにしか成りませんが、
レバレッジを 10倍 20倍。。。はては数百倍のレバレッジを掛けること。

 

それが出来てしまうのが、現状です。
バラ色の未来を夢見て数百倍のレバレッジを掛けた投資。
実現すれば結構な事ですが、失敗することだってあるのです。

 

1万円しか持っていないのに 500万円分の買い物が出来る(レバレッジ500倍)
確かに、価値が100円上がるだけで 5万円の儲けが出る。訳ですが

 

逆に 価値が100円下がった場合を考えると、
たったそれだけのことで、 借金4万円です。
ちなみに、借金になったら追証金を支払う必要があるわけで
これが支払えなければ実質破綻です。

 

こうしたリスクを実感できないままに失敗する事が多いのが実態だと思います。

 

それではどうしたらいいのか。
答えは簡単です。
投資も
「地道にやれば良い」んです。

 

レバレッジなどかけずに、現物投資のみ。
失敗しても、紙くずになるだけで借金になる事は殆どありません。
数年前の JALの破綻は良い例かもしれません。

 

株に至っては、最低1万円でお釣りが出るほどの低位株から始まり
一単元にするためには 数百万の投資が必要なものもありますが、

 

低位株でも見極めれば大化けします。
斯く云う筆者は 1万円で買った株が10万円を超える価値になったモノもあります(化けるまで3年以上かかりましたが)

 

FXなども予算を決めてその範囲内だけで行うなど、徹底したルール作りで十分に利益がでます(予算が消滅する可能性もありますが)
投資信託などは、毎月決済タイプのモノや短期で信託報酬を受け取る事の出来るものを選び
気長に持ち続ければ、多少の価値の下落分は信託報酬で補うことが出来てしまいます。

 

 

総括しますと
「短期は損気」
気ならない訳はありませんが、気長に見続けていれば
焦って利益を取らなければならない理由も実はなかったり。
そんな裏も見えてくると思うのです。

 

最後になりますが、
其処まで云っても投資は自己責任です!
くれぐれも自分の責任の範囲内で収まるよう確りとリスクコントロールをしてください。