状況に応じて変動するFXの手数料

状況に応じて変動するFXの手数料

金融業界には、変動があります。色々な数字が動くからです。
もちろんFXという商品でも、その動く数字を用いて売買を行います。レートなどは、常日頃動いていますね。
しかしそれ以外にも、変動があるのです。手数料がその1つになります。
その金融商品で売買を行う為には、必ず会社に対して手数料を支払う事になるのです。いわゆるスプレッドと表現される事が多いですが、それは会社によって様々なのですね。米ドルの手数料が0.5銭と設定されている事もあれば、0.3になっている会社など様々です。
ところがその手数料は、動く事も多いのですね。私が口座を持っている会社でも、実際動きました。確か数年前は、その会社の場合は米ドルは0.5位だった記憶があります。ところが色々な事情によって、だんだんその手数料がリーズナブルになってきたのですね。今では0.3でその会社で売買をする事ができます。
何もそれは上記のスプレッドだけでなく、スワップなども同じです。あれも実は手数料が差し引かれているのですが、やはり変動する事が多いのですね。ある時までは1枚につき10円程度だったとしても、状況の変化に伴って金利が11円になる事もあります。
つまりFXに関わる手数料は、常に変動している訳ですね。そして今後の手数料がどうなるかは、もちろん不明です。増加する可能性もあれば、まだ減っている可能性もあります。
ただ前述のスプレッドの場合は、そろそろ限界に近づいているようです。それ以外の手数料は、まだ変化する可能性を秘めているでしょう。