バイナリーオプション投資初心者の日記

FXで利益を上げるためには、有利なFX業者を選択

FX業者は多くのサービスや機能を利用者に提供しています。強化しているサービスは保険会社によりますが、利用者投資をする方が、勝つための情報やカンペーンを行っている業者もありますので、しっかりと確認して投資を行っていくことが可能です。

 

デイトレードをする初心者の方はスプレッドがさ巻くかけやすいFX会社を利用することをおすすめします。FXの会社は外貨投資として利用することが可能です。中長期でFXをする投資家の方にも十分に機能してくれます。スワップの高いFX業者もかなりメリットが高く儲け率に反映します。FXで利益を上げるためには、有利なFX業者を選択し、十分に投資を満足に行うことができます。多くのFX業者に口座開設をして、どこが使いやすいのかをしっかり研究し、投資しやすい会社を探しましょう。実はこれがFXで利益を上げる一番重要で使いやすい、またかけやすい投資を行うことでもあります。

 

投資を行う際にも十分にFXで勝てていない方は投資手法の変更が求められます。投資には誰か知り合いで教えてくれる人がいればOKです。しかし、身近な所でFXトレーダーを探す事も大切で、自分のパートナーをつくることも非常に大切です。常に情報交換を行うことが出来ればFXの値上がり時期(儲かる時期を)しっかり確認することができるようになります。ちゃんとした理論もある勝ち組トレーダーを探すとなるとハードルも高くなりますので、注意が必要です。

 

投資の際にはMT4にダウンロード出来るEA(インジケーター)を利用して、勝てる取引手法をしっかり学んで投資を行いましょう。
投資の際には、自動売買はおすすめですが、自分で投資をしていた裁量トレーダーの方は、自分でしっかり値段を管理しながら上手に投資を行うことをおすすめします。投資をしてからは証券会社のアドバイス等にもしっかり注目しておきましょう。また投資を行う際には絶対に負けないように通貨を選択することから始まります。

 

 

 

国内業者を使ってバイナリーオプションをやっています

 

私は今、国内業者を使って取引をしています。友人の話によると、日本国内の業者は2013年の夏から自主規制ルールを設けているのでつまらないということでした。

 

要するに、大きく儲けることができない仕組みになっているらしいのですが、よくわからない海外の業者と取引関係を結ぶのは不安でした。万が一トラブルが発生するようなことがあった場合、日本語が通じる業者を利用している方が安心できると思いました。また、海外業者のフリをした日本の詐欺業者がいるという話を耳にしたことがあるので、最初から日本業者であることがはっきりわかっている業者を利用する方がよいだろうと考えました。

 

私は以前からFXに興味を持っていたのですが、FXの取引は難易度が高いので、実際に始めてみる決心をつけることができずにいました。私は金融に関する専門的な知識などほとんど持っていませんので、外貨の値段がいくら位上がったり下がったりするかを予測するようなことは、はっきり言ってハードルが高すぎます。でも、バイナリーオプションの場合は、少し先の時点で外貨の値段が上がっているか下がっているかを予想すればよいだけなので、私にもできそうだと思いました。

 

そこで、つい最近になってから、国内業者を利用してバイナリーオプションの取引を始めました。無茶な取引はしないことを心がけていますので、今のところはほとんど損失を出さず、順調に利益をあげることができています。FXのようにレバレッジをかけることができませんから、ドーンと大きく儲けるようなことはできません。でも、予想が外れてしまうようなことがあっても損失を最小限に抑えることができるというメリットがあります。私の場合は、銀行預金よりも儲けることができればいいといった程度の希望しか持っていないので、現状で十分に満足しています。ほんの小さな利益でも、積み重なればそれなりに大きな金額になりますので、これからも無理のない範囲でバイナリーオプションを続けていきたいと考えています。

 

バイナリーオプション日本を外貨預金として考えると

 

もともと株の取引をしていたので、バイナリーオプションはどちらかというと博打に近いので、基本的には敬遠してました。今でもそうですが、海外に出かける事も多々あり、銀行でドルに替えると結構な手数料になるのと、資産の分散という意味を込めて、基本的なドル円での取引のみで、利ザヤを稼ぐとかそういうのではなく、単なる預金として利用してますが、最近円安になり、1ドル100円以下で買っていた僕には大きな利益となりましたので、一度利確して、再度ドルを買いました。バイナリーオプションはそういった意味では手数料も安く、レバレッジをしなければ、ごく普通の外貨預金としては便利なツールだと思います。
 どんな取引にもリスクはつきものであり、円が完全に安全なわけでもなく、暴騰も暴落もありうる中で、比較的安定して推移して、利息は付きませんが(正確には付きますが)どこかに行くときにドルを持っていれば簡単に替えられるし、買った時は100で円高になって95円になったとしても、特に大きな損害とはならないと思います。むろん大きな金額を保持していれば別ですが。長期的視野で利益よりも分散として考えれば、使わない手はないと思ってます。
 反対に使い方を誤ると大きな痛手以上の被害になるもバイナリーオプションの特徴です。ある企業家はバイナリーオプションの事業を始めるにあたり、賭博に関する法律に抵触しないか調べたと言っているくらいです。持っているお金の20倍も30倍ものお金を運用出来るということはそれだけの利益を生む反面、それだけの損害もあり、投資というよりは博打に近いと言われる所以です。ちなみに僕はずっと預金扱いにて1倍ですが、それでも10年トレーダーしてますが、しっかりと利益は出てます。長い目でみればいいと思います。短絡的な投機では難しい世界だと思います。

 

 

外国為替証拠金取引(FX)を上手く活用しよう

 

FXという言葉は一般的になって久しいですが、儲かった人がどれだけいるのかは疑問が残ります。市場というのは常にお金が動く事で利益を生み出していますので、損をする人は存在しなければ市場は成り立たないのです。自分だけは違うと誰でも考えがちですが、しっかりと自分を見つめ直す必要があります。かといって尻込みをする必要はありません。ネットでの取引が前提ですので、手軽に始める事ができるメリットは活かしたいものです。
若い女性の成功体験等がネットで紹介されていたり、相場の動きを予想するツールが開発されたりと、市場に引き込む活動が随所で見られますが、まずは仕組みをしっかりと理解する必要があるでしょう。特にロスカットの仕組みについては、大変判りづらいですし実際その場に遭遇しないと重みも実感できません。私の体験談になりますが、オーストラリアのドル投資に関して、隣国の地震の発生によって大きく相場が乱高下しロスカットに引っかかってしまった事がありました。投下した資金は半分以下になって自動清算されてしまいました。
地震はまれにしても、世界で起きる戦争、内乱、事故のたぐいで相場は動いてしまいます。常に世界情勢に関心を寄せておく事が必要です。ニュースのキーワードを拾って予測を修正する事が自動で行われたりしているそうですし、タイミングが遅いにしてもヂィーラー達も同じ事をやっている訳です。私たち個人投資家も、このような同じ思考回路を持つ必要があります。

 

FXは自由に取り組める投資だからこそ、自分なりのトレードスタイルを決めるべき。

 

FX投資を始めた理由に、自分で自由に取り組めるから、といった理由があります。本業の仕事プラス副業としてのFX取引をすることで、より多くを稼ごうとするものです。しかし、FXは自由な取引ができることから、なんとなく相場にお金を投入し、うまく勝てないままズルズルと投資資金を失ってしまうことがあります。これもFXに対する自分のスタンスを確立していないことから起こることです。FXではいくつかのトレードスタイルに分けることができます。これらのトレードスタイルは、自分の性格や腕前、どういった利益を狙うのかによっても変わってきます。得意分野はそれぞれに違いがあります。専業や副業でFXをやるかによっても、長い目でみた場合には結果が大きく違ってくるようです。
FXでのトレードスタイルの分類は、短期、中期、長期に分けることができます。これは時間を基準にした分け方です。短期ならデイトレードやもっと短く数分で取引を行うようなスキャルピングもあります。これは専業で行いたい人やコンスタントに稼ぐためのスタイルです。中期なら、数週間や数か月のスパンでポジションを取り、為替差益やスワップポイントを同時に狙うスタイルになります。最後に長期でのFX取引ですが、長期なら一年以上になります。一年以上だと為替レートの変動が大きく、為替差益よりもスワップポイントを重視したトレードスタイルになります。長期でのトレードスタイルは、為替レートの予想を見ながら、数年先を見越して行うものです。
あなたに合ったトレードスタイルを決めてFXに取り組んでいきましょう。

 

 

スプレッド比較やスワップポイントに注目してFX取引を行う。

 

FXの基本的な儲け方は、二つの国家の通貨を売買することによって得られる利益や損失になります。二つの通貨を交換する際に為替レートを使用しますが、この為替レートは日々更新されています。
FXでは大儲けをすることもありますが、大損をすることもあります。それはある意味投資をする際のリスクになりますので、十分注意して取引を行うようにしてください。
また、為替差損益以外の儲けでは、スワップポイントと呼ばれるものがあります。スワップポイントでの儲けは、通貨の売買益に比べると少なくなりますが、安定的にもらうことのできる利益になっています。スワップポイントは、2つの通貨の利息の差になっています。どこの国も金利が同じというわけではなく、日本はとても低い金利ですし、オーストラリアやニュージーランドはとても高い金利が適用されています。日本円はどの通貨に比べても金利が低くなっています。そのため、ほとんどどの通貨との組み合わせであってもスワップポイントを得ることができるわけです。
FXの取引手数料は、外貨預金と比べても圧倒的に安いといってもいいでしょう。そのため、FX取引をするときに、長期的なポジションを持ちながらスワップポイントを稼ぐ方法があります。しかし、ポジションによっては逆のパターンもあり、スワップポイントがマイナスになることがあります。こうした点に気を付けながら、為替差益とスワップポイントを稼ぎ、FXで資産を殖やしていくようにしましょう。

 

FXの会社の各サイトを見てみますと、よくキャンペーンがアピールされています。
基本的にほとんどの会社では、取引が求められる事が多いですね。口座に入金しただけでは条件を満たした事にはなりませんので、注意が必要です。
そしてそのキャンペーンは、もう数年前から行われています。私が初めてその金融商品を知ったのは、今から6年くらい前でした。もう当時から、キャンペーンが実施されていた記憶があります。
ところで最近、ちょっと興味深い話を聞きました。だんだんとキャッシュバックの金額が下がってきているという話です。
例えばある会社でのキャンペーンに応募するために、売買を行ったとします。それで1万円がプレゼントされたとしましょう。1万円という金額だけは聞くと、確かに大きいように見えますね。
ところが数年前の場合、その金額はもう少し高めだったという意見があるのです。1万円などではなく、2万円などがプレゼントされる事も多かったという話もよく聞きます。
つまりだんだんとキャンペーンのメリットが、小さくなってきているとの意見があるのですね。言われてみれば、確かにそのような雰囲気を感じます。
そしてその金額は、今後下がっていく可能性もある訳です。現時点では1万円になっていても、もしかすると今後は5千円になってしまうかもしれません。
ですのでFXの口座を作るのは、できれば早い方が良いでしょう。余りのんびりしてしまっていると、本当に5千円になってしまう可能性があるからです。

続きを読む≫ 2015/06/02 07:39:02

FXでの売買をする為には、まずは口座作りが必要になります。ほとんど全ての会社で、それは共通していますね。
ところで金融会社で口座を作る為には、まず間違いなく書面提示が必要になるのです。思えば私たちが銀行から借りる時には、必ず書面を見せることになりますね。上記のFXという商品を、それは同じなのです。いわゆる保険証などを、その金融会社に見せることになる訳ですね。
ところでその投資商品の申込方法は、基本的にはWEB完結型になります。銀行の実店舗で申し込みをするような方法ではないので、ちょっと書類を送付する方法も特殊です。
たいていの金融会社では、WEB媒体で書面を提示する事ができるのですね。つまりデジタルカメラやスマホなどを使って、まずは上記の保険証などを撮影します。もちろんその際に画像データが作成されますので、それを金融会社に提出する訳ですね。銀行の実店舗での提出方法とは、明らかに異なるでしょう。
ちなみにその投資商品では、何もWEB媒体だけでなく郵送やFAXなどで明示をする事も一応可能です。現に私も初めてその投資商品の申込をする際に、FAXを用いた経験があります。
しかし金融会社としては、むしろWEB媒体を推奨している事が多いですね。なぜならインターネットで送信しますと、安全性が高いからです。
最近の金融会社では、いわゆるアップロード用のシステムを準備してくれています。あれを用いると、個人情報の漏えいが発生する確率が極めて低いのですね。ですのでその投資商品で口座を作るために書面を提出するのであれば、基本的にはインターネットを使うと良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 07:39:02

FXでの売買ができる金融会社は、しばしばホームページにて最低の入金額というものを明示しています。
例えばある金融会社の場合は、最低額が10万円と明示されているのです。つまりその金融会社で売買をする為には、初回入金は最低10万になる訳ですね。
その入金額も、会社によって色々異なります。上記のように10万と明示されている会社もあれば、5万円前後の会社など様々です。やはり会社によって、ルールは色々異なっているのですね。
ところでその入金額の話を聞くと、元本割れが気になる方もいらっしゃるでしょう。例えば上記のように10万円になっている会社があるとして、とりあえずその金額を預けたとします。
ところがこの金融商品には、そもそもリスクがありますね。値動きによって、9万円台や8万円台になってしまう事も決して珍しくありません。つまり最初に預けた金額をキープできなくなってしまう事も、たまにあるのです。
ではキープできなくなった時には何かペナルティが発生するかと申しますと、そうではありません。あくまでも、それは第1回目に入金する金額です。上記のような金額割れが発生しても、特に罰金が発生する事はありません。
ちなみに私は以前に、その初回入金に関する事を電話で質問してみた事があります。ある会社のコールセンターに電話してみたのですが、それはキャンペーンに紐づいているようですね。キャンペーンの関連で、あえて10万円とホームページに明示している事が多いようです。
どちらにしても10万円と設定されている以上は、まとまった初期費用は必要と考えて良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 07:39:02

FXという商品で売買を行おうと考えている方は、個人だけではありません。法人の方々も、その商品を検討している事があるのです。
また個人の方が、法人になっている事もあります。長らく個人で売買を行っていたものの、色々なメリットを感じて法人になっているケースも見られるのですね。つまり個人のFXのトレーダーから、法人になっているパターンです。
わざわざ法人になっている理由ですが、それには2つあります。
1つ目の理由としては、やはり倍数の問題です。現在の日本のルールでは、レバレッジは最大が25になりますね。ただその25という数字は、あくまでも個人に対するものなのです。法人の場合は、もっと大きめな数字になります。
もちろんその数字が大きな方が、それだけ多くの金額を動かす事ができるのです。人によってはハイリターンの売買を希望している事もあるのですが、その際には法人で売買を行うのも一法ですね。
もう1つの理由としては、損失金額の繰越というシステムです。そもそも人々が事業を行った時には、たまに損が発生する事があるのですね。しかしその事業で生じた損の金額は、数年間の繰越をする事ができます。それで税金が少なくなるケースも珍しくありません。
そして法人になると、その繰越年数が長くなるのですね。その分多くの税金の節約をする事ができるので、個人から法人になっている方も多数見られます。
もしも本格的にFXで売買を行おうと思っているのであれば、法人化を検討してみるのも悪くないでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 07:38:02

ここ最近のFXは、だいぶスピーディーになってきたと思います。スピーディーというのは、売買に対するものですね。
そもそもその商品で売買を行っている方の中には、回数が多い方もいらっしゃいます。いわゆるスキャルピングなどで売買を行っている方も多いですが、その手法の場合はスピードが大切になるのです。
その手法の場合、わずか数秒前後で決着が付く事も多いですね。ほんの一瞬の遅れが損失につながってしまう可能性を秘めているので、かなりスピードが求められます。
ところで以前のFXの場合は、売買を行うまでにちょっと時間がかかっていました。なぜならクリック数が多かったからです。
私が以前に口座を持っていた会社の場合、確か3クリックほど必要でした。画面でチカチカ点滅しているレートをクリックした上に、確認画面なども表示されていたのです。スピードが求められる局面では、ちょっとそれでイライラしてしまった事があります。
ところが現在はその会社は、かなりシステムが変更されているようですね。確かに数年前までは3クリック必要だったのですが、現在ではもう1クリックで売買ができるようになっています。そのようなFXの会社は、ここ最近増えてきているのですね。
恐らくその理由は、人々が短期での売買を行うようになったからでしょう。数年前までは長期スタイルで売買を行う方も多かったのですが、人々の需要が変化したのでスピード重視になったと思う次第です。恐らく今後もスピードアップしていくと思いますね。

続きを読む≫ 2015/06/02 07:38:02

金融業界には、変動があります。色々な数字が動くからです。
もちろんFXという商品でも、その動く数字を用いて売買を行います。レートなどは、常日頃動いていますね。
しかしそれ以外にも、変動があるのです。手数料がその1つになります。
その金融商品で売買を行う為には、必ず会社に対して手数料を支払う事になるのです。いわゆるスプレッドと表現される事が多いですが、それは会社によって様々なのですね。米ドルの手数料が0.5銭と設定されている事もあれば、0.3になっている会社など様々です。
ところがその手数料は、動く事も多いのですね。私が口座を持っている会社でも、実際動きました。確か数年前は、その会社の場合は米ドルは0.5位だった記憶があります。ところが色々な事情によって、だんだんその手数料がリーズナブルになってきたのですね。今では0.3でその会社で売買をする事ができます。
何もそれは上記のスプレッドだけでなく、スワップなども同じです。あれも実は手数料が差し引かれているのですが、やはり変動する事が多いのですね。ある時までは1枚につき10円程度だったとしても、状況の変化に伴って金利が11円になる事もあります。
つまりFXに関わる手数料は、常に変動している訳ですね。そして今後の手数料がどうなるかは、もちろん不明です。増加する可能性もあれば、まだ減っている可能性もあります。
ただ前述のスプレッドの場合は、そろそろ限界に近づいているようです。それ以外の手数料は、まだ変化する可能性を秘めているでしょう。

続きを読む≫ 2015/06/02 07:38:02

外貨を売買するということを知ったきっかけは、投資というものに興味を持ち始めた頃でした。全くゼロからのスタートで初めて、かれこれ1年以上経ちます。毎日、日経新聞を読んで、為替相場をチェックするのが今では日課になっています。
 FXの怖いところは、所持金以上の損失を被ることで、それを先に知っている人は決して手を出さないギャンブルです。でも、FXをギャンブルにするか投資にするかは、その人の考え方次第だと思います。外貨を売買するわけですが、その時に自分の所持金以上の外貨をレバレッジをかけて売買することが出来ます。例えば、ドルを1ドル買うためには、現在だと日本円で約110円が必要です。でも、レバレッジをかけることにより2倍なら、半分の55円で購入出来るわけです。ドルが100円に下がっても大丈夫ですが、万一ドルが55円以下になることがあればロスカットといって強制的に決済されてしまいます。ドルがその時50円の時にロスカットされたとすると、5円損をするということですね。例えが1ドルですから、大したことではありませんが、実際はこの千倍、一万倍で取引を行うわけです。そうすると、損をする額も大きくなりますね。
 当初FXを始めた時は、このレバレッジの本当の意味をあまり理解しておらず、ちょっと安易に考えていました。資金として入金していた額も数万円だったので良かったですが、ロスカットされて2万円くらい減りました。その時にようやくFXの怖さを知ったわけです。このレバレッジの管理が出来る自信があるのなら、FXはギャンブルではなく投資にもなり得るトレードです。

続きを読む≫ 2015/01/22 11:02:22

FXを始めてから色々な本を読みました。色々な方法を模索して行きついたところは、スワップ運用という手段です。日本円は知っての通り預けても金利が低いです。でも、そうではない国、新興国や資源国などは日本に比べると非常に高金利です。スワップ運用というのは、この各国の金利差を利益とする運用方法で、金利の安い日本円を売って、高金利の国の通貨を購入して保有することで、ほぼ毎日スワップ金利が頂けます。このスワップを目的として、基本的に頻繁な売買は控えます。確かに毎日つく金利は少ないですし、一回のトレードで出る利益に比べたら微々たるものです。けれど、トレードにかける時間や、精神的な負担はかなり軽減します。何より、レバレッジを低く購入していれば、半ばほったらかしても大丈夫な投資なのです。そこが一番魅力的で、会社勤めの人にも人気があるトレードとなっています。
 私は主婦で自宅にいる時間が多いですが、昼間PCを立ち上げてチャートとにらめっこしている時間はあまりありません。最初は面白くって夢中になって見ていましたが、今思い起こすとその時間がどれだけ無駄だったか。結局損をして終わったわけで、学習できたことも少なかったわけです。今は一日に数回チェックするくらいで、後は各国の発表する経済指標を確認したり、本当にその程度のトレードしかしていません。利益は少ないですが、地味に積み立っていく利益が、まだまだ初めて1年くらいの素人投資家にはちょうどいいなと感じています。

続きを読む≫ 2015/01/22 11:02:22

FXといえば、今や株の取引と同じくらい多くの人が始めている投資になります。ところが、勝ち組の人と負け組の人とでは、相当な差があり勝ち組になれる人も限られています。FXでは通常の通貨の売買を行っているだけでは、そこそこの稼ぎにしかなりません。特に手持ち資金が少ないという場合は、頻繁にトレードを行ったとしても劇的に資金が増えていくわけではありません。しかし、FXではレバレッジを使って多額の資金を扱い、「てこの原理」で利益を膨らませることができます。だからこそ、ダイナミックな取引ができるということになります。
レバレッジのことを聞くと、相当儲かるようなものだと思うかもしれませんが、FXではレバレッジの取り扱いが大変重要です。レバレッジは1倍から25倍まで設定することができます。細かく設定できることもありますが、1倍と25倍しかない場合もあります。小さな倍率ではリスクは少ないですが、大きく稼ぐことができません。しかし、25倍の倍率なら資金の量も多くなるため、利益や損失もその分増加するということになります。
レバレッジを使っているときは、為替レートが変動したときその倍率を加えた損益が動くことになります。そのため、預けた証拠金に対してロスカットがかからないように細心の注意を払う必要があります。つまり、少し為替レートが動いただけでも、預けた証拠金に対して大きく利益や損失が膨らむということを表しています。そのため、レバレッジは低倍率から始めるようにし、最大25倍の倍率まで上げるようにしていきましょう。

続きを読む≫ 2015/01/22 10:59:22

外国為替証拠金取引(FX)の業者を選ぶにあたって、トレーダーが最初に着目するのはスプレッドです。スプレッドとは売買を取引する上で買値(ASK)と売値(BID)とがあり、買う(ロングする)場合にはASKで表示されている価格と、売りのBIDで表示されている価格との差額がスプレッドとなります。売り(ショートする)場合にはこの関係が逆になりますが、スプレッド自体は同じ状況であれば変わりません。「取引手数料無料」と謳っている外国為替証拠金取引(FX)の業者がほとんどですが、実質的にはこのスプレッドが業者の手数料と考えていいです。事前に外国為替証拠金取引(FX)の業者の約款に目を通せば書いてありますが、このスプレッドは状況によって開きます。実質的な手数料が状況に応じて変化するということです。変化する状況というのは重要な経済指標発表時、政変、戦争などの有事には予想を超えて大きく開く場合があります。開きの大きさは業者によるので、ここが外国為替証拠金取引(FX)の業者を選ぶにあたっての重要なポイントとなります。いくら平常時のスプレッドが狭くても、重要な場面で大きく開いてしまっては取引に支障をきたします。
もう一つ隠れた重要な点が「メンテナンス」です。以前は日本時間の早朝に30分という 外国為替証拠金取引(FX)業者が多かったのですが、最近は企業努力で15分から10分に短縮されてきています。それでもこの「メンテナンス」中は、ストップ(予め設定した損失の基準に価格が達すれば自動的に損切りする設定)が外れてしまう「無限に損失を負う可能性がある」時間帯なのです。週末を除けば「メンテナンス」のない外国為替証拠金取引(FX)の業者も存在します。
私なら平日の「メンテナンス」の有無を最優先に外国為替証拠金取引(FX)業者を選び、その後にスプレッド、次に各種外国為替証拠金取引(FX)業者の特色、サービスの順番で外国為替証拠金取引(FX)業者を選定しますね。

続きを読む≫ 2014/08/08 14:00:08

Google PageRank |  ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank | 借金 | ページランク表示 | ページランク-ナビ | Windowsタブレット | フラッシュサイト石見百景 | http://pagerankexplore.com/ | フラッシュサイト石見百景 | 教室・スクール・クラブ | METRO LINK | ショッピングカート | 契約機で借りる | PageLink | PR7サイト集 RANKERS | Page Rank KING | seoリンク | みつばち保険 評判 | SEO